ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

やってみたいことだけど結局やらない。

 

やってみようと思うことがたまに湧き上がりリストに追加しておく。しばらくすると熱がさめて面倒になっている。

 

今困っていないのならやらなくてもよいんだし、結局やらないということは、やりたくないことなのだ。

 

そんなことを考えてるよりも、いますぐできる簡単な掃除でもしようと思う。

 

人脈をつくる?

 

人脈をつくるには?とかよく言われるわけですが。

 

自分の場合は、一時期同じ仕事をしていたとか、たまたまタイミングがあって知り合いに連絡をとってみたら仕事になったとか、ばかりなのである。

 

人脈をつくろうと何か狙っていたわけでもないのだ。

 

その場その場で丁寧にやることをやっていれば、たまたまみてる人もいる。振り返ればこれが人脈と呼ばれるものだったのだな。

滑稽。

 

ネットをみてた。滑稽、滑稽、滑稽。自分も含めて。

 

どーでもよいことは知らないほうが幸せな気がした。

本を読むとテンション上下。

本を通勤中に読んで少しテンションがあがった。

 

次も何か読んでみよう、面白そうな本はないか。色々調べてみる。

 

疲れてきた。

 

またどうしても読みたいものができたら読もう。

 

やるべきではないと思う仕事。

 

 いまだに仕事で嫌だと感じることがある。なぜかといえば、仕事の内容によっては自分がこんなことをやるべきではないと思っているからだ。

 

 自覚したあと淡々と解きほぐし一個ずつ受け入れて処理する。

 

 やるべきではないと思ってしまうのは甘えたサラリーマンだからなんだろうな。

楽しいと思うところでやめておけばいい。

 

また思いつきでなにかやってみようかと考えていた。思いついてから最初だけのやる気で続かないのは経験から分かっている。

 

どうするかというと図書館でまず関連する本を探して借りることにしている。借りるまでに時間がかかるので熱も冷めてしまうこともある。

 

本を借りて読んで、あぁこんなことがあるのだなと思うだけで満足できることも多い。知ることが好きなんだろうな。

 

なにかやってみる場合、楽しいと思うところでやめておけばいい。苦痛に思ったらやめておく。だって自己満足だからね。

 

 

なにものでもないけど満足できる。

 

こどもが小さい頃の思い出。やれるかわからないけど興味あることに踏み出したこと。

 

ふと昔を思い出して暖かい感じがする。自分はなにものでもないけど、たくさん思い出があって満足して暮らしていける。

自己満足で十分です。

 

そんなのは自己満足ではないか、とか批評をたまにきく。

 

でもさ、自己満足でいいのでは。他人に理解してもらう必要もないし、そもそも特に仕事では人は他人に興味ないと思うんだよね。自分のことをきいて欲しいって人は、たくさんいるんだけど。

努力よりも偶然。

 

こどものころ、偶然で何かが起こり物事は決まることが大部分だと思っていた。でも、いつからか努力で物事は決まるという考えに変わっていたようだ。

 

思い返せば学校の教育と試験のせいだろう。勉強すればよい点数がもらえると。社会に出たばかりの若い頃の考えもその延長にあったのではないかと思う。

 

いまではやはり戻って、偶然で物事の大部分は決まると思っている。受け入れることが大事だし、人生勝手に進むぞ。

 

 

会社員だけど自営業の気分で働く。

 

 

仕事とは誰かが困っていることを解決しその対価をもらうことだ。この点は、まさに自営業と同じ。

 

他人ができないことで自分にとっては簡単にできることを探せば対価はもらえるのだ。

本当に大切なこと。

 

一番大切なことは普通に何事もなく平凡に暮らせることです。

 

ほとんどのことは欲からできている些細なこと。

 

なにもいらない、ただ平凡に暮らしたい。

なるようになる。

 

やれることはやるが、やれないことはやれない。

 

なるようになると受け入れる。

こっそりしておく。

 

色々気づくことがあるけど黙っておく。面白いことがあっても内緒にしておく。趣味はひそやかに。

 

こっそり生きてる。

客観的に自覚する。

人は選択し続けて今に至る。

 

満足か不満かというと、自分が決めた選択だから満足ではある。

 

では他人の意見に従った選択ならば不満かというとそうでもない、他人に従うという選択をしていれば。

 

迷ってどちらでもない状態が不満につながる。迷う場合もあいまいな状態でよいと自分で決めてしまうのがよい。

 

状態を客観的に自覚しておくというのが精神には優しいみたいだ。

不安定こそ安定。

 

安定しようと思えば思うほど、安定に執着して苦労する。ハッピーではない状態。

 

不安定を受け入れる。不安な状態。受け入れると不安な状態が通常状態となり安定が得られる。