読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

社会に興味がない。

 

日々ニュースやら、ひとの話で大括りな話をきくことが多い。

 

でも社会のようなマクロの大括りなものには興味がわかない。そんな態度では世の中はよくならないとかきくこともある。

 

個人がそれぞれどう思うかはその人次第で、個性でもあって興味を持つ持たないは個人のもの。

 

色々な人の存在を認め許容するほうがよいなと思う。

 

 

こっそりしておく。

 

色々気づくことがあるけど黙っておく。面白いことがあっても内緒にしておく。趣味はひそやかに。

 

こっそり生きてる。

客観的に自覚する。

人は選択し続けて今に至る。

 

満足か不満かというと、自分が決めた選択だから満足ではある。

 

では他人の意見に従った選択ならば不満かというとそうでもない、他人に従うという選択をしていれば。

 

迷ってどちらでもない状態が不満につながる。迷う場合もあいまいな状態でよいと自分で決めてしまうのがよい。

 

状態を客観的に自覚しておくというのが精神には優しいみたいだ。

不安定こそ安定。

 

安定しようと思えば思うほど、安定に執着して苦労する。ハッピーではない状態。

 

不安定を受け入れる。不安な状態。受け入れると不安な状態が通常状態となり安定が得られる。

数式。

 

給料 − 固定費 = 生活費 − 貯蓄

ではなく

給料 − 貯蓄 − 生活費 = 固定費

 

給料から貯蓄をまず引き、必要な生活費を引いて残りで家賃などを払う。住宅ローンみたいに未来を売って完全に固定するのはなかなか困難。

 

何かを得るには何かを諦めねばならない。何もかもは得られない。

 

人の話をきくということ。

人の話をきくとき。

 

理解することと行動することは別と認識することが大切だと思う。

 

人は一旦内容を理解してもらったと思えば、その後の行動には建設的になれる。理解さえせずに意見を述べればうまくはいかない。

 

きくということは簡単なようで難しい。

ニヤニヤ。

 

仕事中に笑いがこみあげた。

 

こんなことをやっててもきっと大局からみたらなにも変わらない。

 

なんてことはないなあ、大の大人が集まって、大したことないことを議論してる、と思ったら笑いがこみあげた。

仕事の混乱をリセット。

 

最近、仕事が混乱気味だ。そんなときには少しのことで感情が乱れる。

 

感情が乱れると疲れる。

 

こんなときは一度リセット。ま、いいやとおもって来週からやろうと先延ばしをきめる。客観的に見ればたいしたことないのだ。

周りの感情を流せる確率アップ。

 

睡眠を長く、食事を少なくして数ヶ月。

 

仕事で人は感情の起伏が生じやすい状況となる。しかし自分はかなりの確率で流せることが多い。

 

睡眠と食事は大事なのだ。

マンションを買うか検討。

 

買うのであれば資産価値が落ちないものを。資産価値が落ちないものは価格が高く借金することになり生活が苦しくなる。資産価値が落ちていくものは安いが後々管理の面から高くつく。

 

資産価値を維持できるものをどうやればうまく買えるかをしばらく考えていたけど、ふと気づく。

 

なんだ自分にはそもそも分不相応なのだった。だから買わなければよいのだ。

 

 

理解と納得してもらう回答のコツ。

仕事では、どうしても伝えることが必要になる。

 

話すときには的確に言葉を絞って必要なことを話す。質問には内容をしっかり把握し余分なことを言わない。

 

質問をする人の背景と自分が知っていることの背景には必ず差がある。多くを言いたくなる。でもあえて言わず質問されたことのみ短く的確に返すこと。

 

理解と納得を得られるコツだと思う。

興味が行動にならないけどまあいいか。

 

仕事で興味をもったことがでてきて、新しく本を買った。

 

でもいまだに読んでいない。

 

興味がでたと思っても行動につながらないのは昔からの癖で、歳をとるにつれて自覚してはいる。

 

一時的な興味は時間が経つとなくなるから、すこし熱を冷ますために待つことを覚えたけどもいまだに、またやってしまったと思うことがあるものだ。

やりたくないことから逃げている。

 

やりたいことはあいまいだけど、やりたくないことはわかる。

 

いまのところ、他人がどう思うかより自分がやりたくないことからは逃げ続けている人生だ。

最先端が見える場所までさがる。

最先端のことをやる。面白みはあるけど仕事の継続性からすると大変だ。

 

自分としてはどのあたりが好みかというと、最先端がいくつか見える位置まで下がった場所。

 

最先端は当たれば大きいが外れると残らない。

 

最先端の少し後ろをいつも意識している。

後悔。英語の勉強はしなくてよかった。

 

若い頃、英語を勉強する時間を生活の時間にとっていた。会社からは通信教育、英会話学校、お金も出してもらった。

 

生活の中でも朝、英語を勉強していた。確かに少しは進化したけど仕事では使い物にならないレベルのままだった。

 

たぶんだけど、才能がない。とくにヒアリング。適した脳と耳ってものがあるのではないかと思う。海外で働きたくもなかった。日本語でも人と話すのが元々苦手だ。

 

日本での英語は儲かるビジネスである。通信教育や英会話学校

 

英語を勉強する時間を楽しみに使えば良かったなって思う。