ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

静かに暮らしたい。

 最近は特に人と意見の交換をしないように意識している。メールやチャットは気軽で便利だけど疲れる原因になっている。世の中のニュースや会社への批判、意見をわざわざネット経由で送ってくる人がいて、少し前から緩やかに距離を置くようにしている。

 距離を置くと必要な時に必要なことを自分の中で考えるようになって楽になった。どうでもよいと思っていても反応するということは疲れを呼び起こすようだ。世の中や会社への批判、意見をみて反応するだけで感情を刺激して疲れてしまう。

 人の意見には関わらず、自分から発信をせず、ただ静かに暮らす。それが望みです。

意見は持たないです。

 早朝から目が覚めた。暑くてクーラーを入れていたけど設定温度が高く汗だくだった。よく夜中に目が覚めてしまう。帰りの通勤電車で短時間で深く寝てしまっているから長く寝られないみたいだ。

 土曜なので朝からジムにいく予定。運動して図書館にいって帰ったら掃除をするつもり。

 ここのところスマホを使ったコミュニケーションをしないようにしている。そうすると心が安定する気がする。余計なニュースやどうでもよいことは見ないで流す。役立つとかあれはダメだとかこうするべきだとかの意見は見ずに考えない方が、楽に生きられるのではないかなと思う。

裏で効率化を進める。

 徐々に表面の状態と実態は乖離しつつある。

 実態は効率化を志向し、あらかじめ、わかっていること、些細なことを少しづつ前倒ししているが、表面上は何も変わらないようにみせかけている。夏休みの雰囲気に乗じ事前にやれることを加速させた。フォーマットをつくり、フローを整理し、データの散逸を一元化し、チェックポイントを作成し、年間のイベントを整理し。さらに昼休みにいった本屋でパソコンの効率的な使い方の本が目に入りやれる範囲で自動化してしまいたい。作った時間をどう使うかは自分次第。効率化しても誰にも言わない。認められたいという気持ちもない。隠れてやるのが醍醐味。

運動しよう。

 少し残業。でも早めに帰れた。20人近くでやる会議があって、参加するのだけどいつもなんだかなあと思う。会議の内容には興味がないけど、人のおなかを観察。ほとんどの人のおなかがでている。通勤の時も観察しているとおなかがでている人がとても多い。糖尿病の人が会社の人だけでも数人いることを知っている。

 仕事よりも病気にならないように運動しようと誓った。仕事はクビになったら次探せばいいからね。

自営業風サラリーマン。

 月曜から残業。早く帰るつもりだった。些細なやり方が変わっていく。どうしたらよいかきかれたけどあまり変わらないのであれば要望している人のとおりにしてあげたほうがよいと回答。

 無駄だなと感じてもそのままやるようにしている。なぜなら自営業の気分で仕事をしているからだ。単に請け負って要望元に満足してもらう。創造は不要。要望元に満足してもらうことでお金をもらっている。あきらかに不要だなと思っても時間を売ってるサラリーマンにとっては要望に応えたほうがよい。要望に応えないとなぜやらないのかの理由が必要となり判断するということは自己責任となる。そんなものは背負う必要はない。サラリーマンの気楽さはそこにある。創造できるのであれば、自営業になったほうがよいと思う。

土日終わり。

 土日の両日、ジムへ行った。これで日頃の運動不足は解消されていくだろうか。薬も減らし運動も行い肩こりも減った。図書館にいって本を借りて数冊読んだ。本を読んだのは久しぶりな気がする。やることがあると休みがすぐ終わってしまう。いままではゴロゴロしてお昼寝して食べてテレビをみてスマホをみての繰り返しで、休んだという感じがしていたのに。でも食べすぎた。食べすぎても運動しているのでプラスマイナスゼロだったとしても運動した方が良い。エンジンは動かさないと錆びていく。

  • 運動
  • 食事
  • 睡眠

に気をつけてしばらくは生活しよう。平日は遅く帰ってきても睡眠時間を確保することを優先するつもり。

最近の気づき。

自分が心地よくすごすためのレシピ。

 

  • 人との交流を広げない。
  • 仕事関係の人には興味を持たない。
  • 関わる人が変化したら、流れに逆らわずに関わる人を変化させる。
  • ニュースをみない。
  • 必要以上の情報をとらない。
  • 愚痴、悪口からは離れる。
  • だらだらする。
  • 運動を定期的にする。
  • 勉強を定期的にする。
  • 仕事とプライベートはしっかり分ける。
  • どうでもいいことを自分から働きかけない。
  • 仕事では人に期待しない。

楽しんでる?

ねむい、ようやく金曜日も終わって休みに。役付の偉い人があと何年生きられるのか、仕事を辞めてからすぐ死んだならいままでなんだったのだろう、これじゃあ仕事ばかりだと愚痴をこぼしているのをきいた。まあ、その通りかなと思う。お金をたくさん稼いでいても使う時間がない。お金がなくても時間があれば、本、漫画、ブログ、テレビ、音楽など仕事以外にも味わっておきたいものがある。生活に影響しないYoutubeをみてだらだら楽しむ。仕事でお金をもらい認められたい欲を満たして仕事で終わる人生。必要なお金だけ稼げればいいんじゃないかなと最近は特に思う。

薬を減らしている。

  1日4錠飲んでいたのを少しずつ減らして1日おきの1錠まで減らしてきた。でも調子が悪い日に体調に影響が出るようなので1日1錠にしようと思っている。薬はメンタルに影響を与えるため飲まないほうがよいと思うけど、お医者によるとゆっくり減らして体調が悪い時に自分で判断して飲めばよいとのこと。長年広く使われている薬で長く飲んでも副作用はほぼないからだそうだ。もはや患者の側も自ら勉強してどうするのか見極める時代になっている。最小限の副作用は受け入れるしかないのか。

 知り合いに病気で薬をたくさん飲むのに戸惑っていると相談したことがあって、あっさり飲めばいいと。昔から実は病気持ちなのだけど薬で抑えられるなら何も考えずに飲めばいい。それだけだ。合理的な知り合い。あぁそーなのだ。飲めばいいのだ。考えすぎていて余計なことばかり考えてきたのだった。

独自の自主性は不要。

 朝晩は涼しくなってきたからかよく眠れるようになって早くから目がさめる。前の会社でも経験したけど、社員や派遣社員、パートナー会社、色々な立場の人が働いている。どの人もだれかから指示があって働くことになるわけだけど、その時に指示をきかずに自主的に得意なことだけをやってしまう人がいた。周りからはありがたがられていたけど、指示する方からすると必要なことをやらずに他の人の仕事をとっているようにみえてしまい、結局、都合がよいタイミングでいなくなった。

 期待されていることから外れたことをやっていたり、それは自分の仕事ではないということは、指示する方からすると、困った事態だなと思うことになる。たとえ周りからありがたがられていたとしても。

 どのようなことでも一旦は受容し、どのようにやれるか考え、やれるところまで進めてみて、できる部分とできない部分を明らかにして擦り合わせていく。自主性というものは独自に発揮するものではなく依頼元がやらなければならないと思っていることに対して発揮していくものなのだ。

 最近も似たようなパターンを見かけたのでよくあることなのかもしれない。得意なことであれば周りからはよくやってると思われるので表面上は仕事ができるようにみえる。ただそれは表面上の話にすぎない。

 自分もよかれと思って独自の自主性は発揮しないように気をつけよう。

自律的に動かない。

 仕事がたくさんあっていつも溢れそうである。そのような場合に自律的に動くか、受け身ですごすか、どちらがよいか。自律的に動く場合には、余計な仕事を増やしてしまうことが多い。受け身で動くと見て見ぬ振りをする必要がある。思うに仕事がたくさんある場合には、受け身が望ましいところ。方向性が違ったり余分な仕事を持って帰ってきたり役割とは違うことをやってみたり、そんな自律は不要なのが大企業だ。実例から自らを省みて学んだのだった。

 受け身でいこう。

健康の改善。

 きのうおなかをこわして大変だった。すこし前にもおなかをこわしていた。アイスの食べ過ぎだ。よくないと思っている。おなかをこわすのは久しぶりのことだ。なによりも健康を優先して改善しようとしている。粘り強く改善できるまでやるつもり。かかりつけのお医者さんにしつこくどうすればよいのかをきいている。薬を減らしている。体調が悪ければ薬を使い体調がよくなれば薬を減らす。他にも肩こりや頭が重いことについて改善を試みている。この数ヶ月で少し体重が増えている。体力もない。休みの日だけジムに行くことにした。ネガティブな気分を追い払う。

 仕事が嫌だとか、やめようかなと悩むより、健康を改善し体力をつけてから悩もうと思った。何をしてもどこにいっても今のままではよくない。なおるまで試行錯誤しながら粘り強くやるつもりだ。

プロな人。

 社員ではないプロがいる。自分が来た時からずっといるのでかなりの年数経過している。この人は社員以上に社員なのである。社員は甘えている。正確に言いにくいことも伝え調整もやり、理不尽なことにも丁寧に対応している見本である。常に勉強も怠っていない。話す内容から推測すると新しい事や専門の勉強を常にし続けている。この人のように社外だからこそ仲間意識のような甘えはなくなり丁寧な仕事でプロに徹することができる。社員同士だとあいつはさぼっている、なぜ自分がやらなければならない、なぜ認められないという話をよくきく。文句を簡単にいうのは甘えだ。

自営業になり業務委託されて働いてると思えばプロになる。社員の甘えは妙な仲間意識にある。