ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

会議中にニヤニヤしない。

会社では会議というものがある。人が集まって議論をしたり決定をする場だ。会議では様々な意見が出て白熱する時もある。でも、いつも冷めている。みんなよく思い入れを持って話ができるなと見てしまう。会社に所属しなくなればどうでもいいことになるし、そ…

安定なんてない。

最近忙しかった。忙しくなると視野が狭くなってしまう。このまま何もなく安定して過ごしていくのだろうかと思うことが多くなっていた。そうこうしているうちに環境が変化しつつある。変化がないなんてこと続かないのだ。人よりも繊細だから疲れやすく他人と…

充電が必要。

エネルギーの容量が小さい。何かをやるとエネルギーが減ってしまう。やり続けているといつか枯渇ししばらく充電が必要になる。一見、活発そうに見えても一時だけだ。疲れてしまう前にブレーキをかけておく。人にはそれぞれ都合というものがあるのだ。

体調は性格に影響。

体調が悪く調べていたら気象病というものがあるらしい。気温差、気圧差によって体調が悪くなる。もともと人よりも敏感なようでカフェインや薬によく反応する。気象にも反応して体調が悪くなるような気がしている。思えば子供の頃から体調が不定期に悪い時が…

備える。

暮らしていると想定していない問題が起こる。備えるための知恵を羅列してみる。 個別具体の問題には起こった時に考える。考えすぎない。 未来を先売りしない。借金は背負わない。 貯蓄しておく。 健康に気をつける。 体力をつける。 人と分け隔てなく接する…

距離を置いた。

批判的で文句をよくいっている人とは距離を置いた方がよい。最近、そのような機会が会社であり距離を置くとどうなるかを実感しているところ。 批判する考えが徐々になくなり無関心となった。多少なりとも影響を受けていたことが分かる。元々、自分の周囲の物…

内向的に戻っていく。

としをとるほど、若い頃の性格に戻っている気がする。引きこもりに近い生活、孤独で本を読んで満足。会社に入ってからは外向的な役割になり無理をした。仕事内容を変えられるタイミングで手放し、方向を少しずつ変えてきた。 いまでは無理をせずに内向的な生…

大括りな社会評論に興味がない。

社会の出来事についての評論、批判をよくきかされる。でも大括りなものには興味がわかない。そんな態度ではよくないといわれるけど、個人がそれぞれどう思うかはその人次第で興味を持つ持たないは個人のもの。色々な人の存在を認め許容するほうが評論してい…

ラジオCM。

ラジオをきいていると、いつも突然耳に入ってくる歌。 「もっとでかくしたかったピラミッド職人がいたはずだ。もっと大きくえがきたかったナスカのえかきもいたはずだ。」 毎回爆笑させるのはやめてほしい。

楽しみを増やしたい。

テレビゲームをやってみた。一回やったら無理だとわかった。操作を覚えるのが面倒だから。昔、テレビゲームに夢中になっていたけど、いまはやる気にならない。楽しみを増やしたいけどなかなか増えてはいかない。 最近、適当な新書を通勤の帰りに買って読んで…

会社を介した関係性。

年月が経過し周りの人が変わっていなくなっていく。会社では色々な人がいて、人によって気が合う合わないが出てしまう。気が合う人についてよく話すようになってしまうといなくなった時に、同じ関係性を維持しようとする力が働き、嫌になってしまう。会社と…

モットー。

前に出ず、後ろに隠れ、中立であれ。

気圧の変化で気分が揺れる。

会社からの帰り薄暗い夕暮れだった。電車の中から音楽をききながら夕暮れをみていると人生はあっという間に時間が過ぎていき、過去の懐かしさや、これからどうなるのだろうとか思いがごっちゃになって、いつか自分も死ぬのだなと思った。台風がきて気圧が変…

ベンチャー企業サイコーおじさん。

ベンチャー企業サイコーといつも言ってるおじさんがいてベンチャーに比べてダメだとばかり批評している。やはりベンチャー企業を崇拝している人はめんどくさいと感じる。起業するのでもなく安全な場所から批評しているだけだからだ。批評するのではなくつま…

オーナー企業への転職。

オーナーに気に入られて転職した人の話をきいた。オーナーはよりお金をもうけるために外部から人材を得るけど成果が出なければ終わり。元々中にいた人たちは外部から来た人間には協力しない。オーナーの取り巻きはたくさんのお金がもらえるけど気に入られな…

害になる情報。

人に対して批判的であったり、世の中という抽象的な出来事に対して批判する人の情報は害になる。なにも変わらないのにネガティブな感情だけが積もる。情報というのは選択しなければならない、選択することが疲れる。そのような人とは距離を置いた方が良い。

メンタルの安定性。

イラッとくるときは、先走って考えているとき、期待しているとき。そんな時は少し休憩を入れる。自分からは話さない、働きかけない。思ったことを言わずに時間をおけば安定する。 口は災いの元で、他人から見てメンタルが安定してるようにみえることはとても…

辞める辞めないの問答。

転職する、しない、との話をたまにきく。自分の意見はどちらでもよいだ。したければすればよいし、したくなければしなければよい。もちろん近しい人の場合には自分の仕事に影響が出てしまい困る困らないというのはあるのだけど、会社というのは、だれが抜け…

投資手法。

投資のブログを読んでいて思う。みんな勉強熱心で文章をかける人が書いているのだ。色々な手法があって情報を集めて履歴を残す。賢くてマメじゃないとできない。 読んでいてわかったのは自分の投資手法は、毎回適当である。頭の中で考えることだけしすぎてク…

投資の偏り。

投資関係の本やブログをたまに読んだりしているけどインデックスでの分散積立て投資に行き着く。 不思議なのは、考えなくても平均よりは増えるのがインデックスの積立てという理屈なのに毎日のように積立てに関するブログを書いている人がいることだ。

やりたいと思う量。

最近仕事が忙しい。次から次へと判断しなければならない。この判断というのがとても疲れる。そのせいかプライベートで本を読んだり、漫画を読んだりする気力がかなりなくなっている。やりたいと思うことは全体の量が決まっていて、仕事で削られてしまうよう…

アピールの内容。

手段でアピールと目的でアピール。手段でのアピールは、その手段がいかに高度で難しかろうと価値は目的でアピールすることを上回らないのだ。常に目的を考えよ。手段はあとでよい。

頑張れない。

仕事の勉強用に雑誌を買っている。定期購読で昔から読んでいるのが1冊。これは仕事中でもたまに読んでいるし興味もあるから読み続けられている。さらに少し前に勉強意欲が出たので関連する分野の2冊を追加して買ってみた。さて、今に至って。積まれたままだ…

理想のゴロゴロ。

子供の頃、布団でゴロゴロしているのが好きだった。未来、ゴロゴロしながら漫画やテレビや映画が見られたら、なんてよいのだろうと天井を見ながらいつも考えていた。漫画を買いに行ったり、映画のレンタルにいくのがめんどくさかったのだ。 そしていまスマホ…

漫画読み放題はつらい。

漫画をたくさん読めるというサービスがある。お試しで使ってみたのだけど、やめた。選択肢がたくさんあるとどれを読んだら良いのかわからなくなる。読む時間と楽しさを比較してしまい、効果が高いのはどれだろうと考えてしまうからだ。結局、読みたい漫画が…

いまさら思う。

むかし先輩が夢中になってたことをいまさら、なるほどと思うことがある。 先輩の夢中になっていたことを知っていたのはなぜなのか?言いたがりで周りに話をしていたからだ。いま同じようなことをやっているのだけど、わざわざ人に話すことはないし内に秘めて…

競争したくない。

競争を避けるためには、競争する人数を減らすこと。まだ誰も知らない新しいことをやるか、人が見向きもしないこと、人気がないこと、古いことをやるかになる。相対的に競争にならない領域がないか常に周りを見ている。

田舎暮らしと本。

田舎暮らしに殺されない法という本を図書館から借りて読んでみた。流れるような辛辣な文章。そして一文が長い。 世の中は宣伝のために悪い情報は流れないが、流れない悪い方面の情報が書いてある本。田舎出身者としては田舎暮らしはオススメできない。都会で…

暇な仕事。

昔の知り合いに会う機会があった。共通の話題は仕事についてだった。話しているうちに環境が変わりつつあるため仕事が少なくなっており暇で仕方ない、ここにいてもなにも身に付かない、違う仕事に変わりたいとのこと。 仕事というのは忙しすぎても暇すぎても…

予想通りではない。

予想していなかったところに住んで予想していなかった仕事をしている。あ、もともと予想なんてしていなかったか。振り返れば自由なのです。