ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

自分が変わらないけど環境が変わっていく。

自分が変わらなくても周りの環境がかわる。 環境が変わると、プラスがマイナスに、マイナスがプラスに変わることもある。 予想なんてせずに淡々と受け止めていくだけです。

無為な事をただやってみる。

例えば、ブログを書くとか、何かを自分なりにつくるというのはストレス発散につながるようだ。 お金になるならない、とか、効率的非効率とか、考えてしまう癖。 すこしでも興味をもったことをやってみよう。 自分なりに何かをつくるということをやってみよう…

余計なことを考えてばかりで何も変わらない。

暇ができると本を読んだり、テレビを見たり、ネットで調べたりしている。 政治の問題、老後の問題、色々な問題が頭へ流れ込む。考えてどうかなるかというと何も変わらない。 考えているよりも具体的な行動をした方がよいなと感じる。不安は考え過ぎからくる…

絶対的な思い込み。

人は長い期間同じところで同じように集まって仕事をしていると、似た価値観になっていくようだ。 明日も続くのが前提で巨額の住宅ローンを組み、ひたすら耐えて頑張っていく。苦しんでも我慢して働かなければならないという絶対的で圧倒的な価値観。 小さな…

何が正しいのか。

本を読んで本当かな。 ネットで作者を検索すると、様々な意見がでてくる。 賛成、反対、賞賛、怪しい、様々。 自分が考えたことをネットで検索。 賛成、反対、様々。 何が正しいのかわからないけど、一方的な考えになる手前で違う意見にも気づけるのは貴重だ…

信頼するが期待しない。

仕事するときに他人を信頼しなければコストが大きくなる。他人がやることを細かくチェックなんてことは大変である。 でもうまくいかない、想定と異なってるなんてこともよくある話だ。 期待していると怒りがでてくる。信頼はするけど期待しない、つまりうま…

健康。

年取ると体調を崩しやすい。 暑くて食べ過ぎると、とたんに体調が悪くなる。 少食にし同じペースを守る。これが大事だ。なんでも同じかもな。

仕事が大変だけども。

仕事が大変な事になっているが、大変になればなるほど反対に冷静になっていく。 どーでもいい、だめでもともと。 やらなくてもやっても、本当になんてことないなと思う。

余力をもっておくのが好きだ。

余裕と手抜き。昔から余裕を持って楽に過ごすのが好みだ。 余裕を持つためには無理をして頑張らないこと、つまり欲を持たないことが大切。 たまにもっと頑張ればもっとできるとか、もったいないとか、いってくる人たちがいる。頑張る先にはなにがあるのだろ…

何もしない。

いつも通りに。 考えない。 何もしない。

そこそこでよいと思う。

1日の終わりにちょっとした楽しみを見つけて興じる。そしてまた眠る。 それでいいんじゃないの。

やってみたいことだけど結局やらない。

やってみようと思うことがたまに湧き上がりリストに追加しておく。しばらくすると熱がさめて面倒になっている。 今困っていないのならやらなくてもよいんだし、結局やらないということは、やりたくないことなのだ。 そんなことを考えてるよりも、いますぐで…

人脈をつくる?

人脈をつくるには?とかよく言われるわけですが。 自分の場合は、一時期同じ仕事をしていたとか、たまたまタイミングがあって知り合いに連絡をとってみたら仕事になったとか、ばかりなのである。 人脈をつくろうと何か狙っていたわけでもないのだ。 その場そ…

本を読むとテンション上下。

本を通勤中に読んで少しテンションがあがった。 次も何か読んでみよう、面白そうな本はないか。色々調べてみる。 疲れてきた。 またどうしても読みたいものができたら読もう。

やるべきではないと思う仕事。

いまだに仕事で嫌だと感じることがある。なぜかといえば、仕事の内容によっては自分がこんなことをやるべきではないと思っているからだ。 自覚したあと淡々と解きほぐし一個ずつ受け入れて処理する。 やるべきではないと思ってしまうのは甘えたサラリーマン…

楽しいと思うところでやめておけばいい。

また思いつきでなにかやってみようかと考えていた。思いついてから最初だけのやる気で続かないのは経験から分かっている。 どうするかというと図書館でまず関連する本を探して借りることにしている。借りるまでに時間がかかるので熱も冷めてしまうこともある…

なにものでもないけど満足できる。

こどもが小さい頃の思い出。やれるかわからないけど興味あることに踏み出したこと。 ふと昔を思い出して暖かい感じがする。自分はなにものでもないけど、たくさん思い出があって満足して暮らしていける。

自己満足で十分です。

そんなのは自己満足ではないか、とか批評をたまにきく。 でもさ、自己満足でいいのでは。他人に理解してもらう必要もないし、そもそも特に仕事では人は他人に興味ないと思うんだよね。自分のことをきいて欲しいって人は、たくさんいるんだけど。

努力よりも偶然。

こどものころ、偶然で何かが起こり物事は決まることが大部分だと思っていた。でも、いつからか努力で物事は決まるという考えに変わっていたようだ。 思い返せば学校の教育と試験のせいだろう。勉強すればよい点数がもらえると。社会に出たばかりの若い頃の考…

会社員だけど自営業の気分で働く。

仕事とは誰かが困っていることを解決しその対価をもらうことだ。この点は、まさに自営業と同じ。 他人ができないことで自分にとっては簡単にできることを探せば対価はもらえるのだ。

本当に大切なこと。

一番大切なことは普通に何事もなく平凡に暮らせることです。 ほとんどのことは欲からできている些細なこと。 なにもいらない、ただ平凡に暮らしたい。

なるようになる。

やれることはやるが、やれないことはやれない。 なるようになると受け入れる。

こっそりしておく。

色々気づくことがあるけど黙っておく。面白いことがあっても内緒にしておく。趣味はひそやかに。 こっそり生きてる。

客観的に自覚する。

人は選択し続けて今に至る。 満足か不満かというと、自分が決めた選択だから満足ではある。 では他人の意見に従った選択ならば不満かというとそうでもない、他人に従うという選択をしていれば。 迷ってどちらでもない状態が不満につながる。迷う場合もあいま…

不安定こそ安定。

安定しようと思えば思うほど、安定に執着して苦労する。ハッピーではない状態。 不安定を受け入れる。不安な状態。受け入れると不安な状態が通常状態となり安定が得られる。

人の話をきくということ。

人の話をきくとき。 理解することと行動することは別と認識することが大切だと思う。 人は一旦内容を理解してもらったと思えば、その後の行動には建設的になれる。理解さえせずに意見を述べればうまくはいかない。 きくということは簡単なようで難しい。

ニヤニヤ。

仕事中に笑いがこみあげた。 こんなことをやっててもきっと大局からみたらなにも変わらない。 なんてことはないなあ、大の大人が集まって、大したことないことを議論してる、と思ったら笑いがこみあげた。

仕事の混乱をリセット。

最近、仕事が混乱気味だ。そんなときには少しのことで感情が乱れる。 感情が乱れると疲れる。 こんなときは一度リセット。ま、いいやとおもって来週からやろうと先延ばしをきめる。客観的に見ればたいしたことないのだ。

周りの感情を流せる確率アップ。

睡眠を長く、食事を少なくして数ヶ月。 仕事で人は感情の起伏が生じやすい状況となる。しかし自分はかなりの確率で流せることが多い。 睡眠と食事は大事なのだ。

マンションを買うか検討。

買うのであれば資産価値が落ちないものを。資産価値が落ちないものは価格が高く借金することになり生活が苦しくなる。資産価値が落ちていくものは安いが後々管理の面から高くつく。 資産価値を維持できるものをどうやればうまく買えるかをしばらく考えていた…

理解と納得してもらう回答のコツ。

仕事では、どうしても伝えることが必要になる。 話すときには的確に言葉を絞って必要なことを話す。質問には内容をしっかり把握し余分なことを言わない。 質問をする人の背景と自分が知っていることの背景には必ず差がある。多くを言いたくなる。でもあえて…

興味が行動にならないけどまあいいか。

仕事で興味をもったことがでてきて、新しく本を買った。 でもいまだに読んでいない。 興味がでたと思っても行動につながらないのは昔からの癖で、歳をとるにつれて自覚してはいる。 一時的な興味は時間が経つとなくなるから、すこし熱を冷ますために待つこと…

やりたくないことから逃げている。

やりたいことはあいまいだけど、やりたくないことはわかる。 いまのところ、他人がどう思うかより自分がやりたくないことからは逃げ続けている人生だ。

最先端が見える場所までさがる。

最先端のことをやる。面白みはあるけど仕事の継続性からすると大変だ。 自分としてはどのあたりが好みかというと、最先端がいくつか見える位置まで下がった場所。 最先端は当たれば大きいが外れると残らない。 最先端の少し後ろをいつも意識している。

後悔。英語の勉強はしなくてよかった。

若い頃、英語を勉強する時間を生活の時間にとっていた。会社からは通信教育、英会話学校、お金も出してもらった。 生活の中でも朝、英語を勉強していた。確かに少しは進化したけど仕事では使い物にならないレベルのままだった。 たぶんだけど、才能がない。…

会社での条件をよくしたい?

会社での条件を良くしたいと人はいう。条件とは何か。多くの人は出世、給料、仕事内容が暗黙の共通認識の条件のようだ。 自分の場合は、ストレスを小さくしたい。それは人と関わらないこと。 つまり出世、給料、仕事内容の条件についてよくしたいと思う人と…

仕事とプライベートの時間を切り離したい。

仕事が忙しくなりふと油断するとプライベートの時間にまで侵食してくる。プライベートの時間でも仕事を思い出す。 プライベートの時間に仕事のことを考えてもたいしてかわることもない。 仕事の時間のみ仕事を考えたい。仕事はプライベートの時間で楽しむお…

仕事の過去に怒る人。

会社の事項は、色々な人の思惑で決定されていく。 過去が複雑に絡み合った仕事をほどく。明確に残っていない過去の思惑もある。 そんな仕事の過去に怒る人。 怒っても仕方ないと思う。ただ淡々と一つずつ明らかにしていく。会社の仕事は時間のリレーなんだと…

季節と体調の関係

この数年、体調の記録をつけている。 数年記録したところ毎年、同じような時期に体調が悪くなっている。 体調が悪くなる原因を時期によって考えて、対策を実行。少しずつ体調が悪くなることを避けることができるようになってきた。 カフェインをやめる。 睡…

平らに揺れ動かず。

感情の上下を感じる。 平らに揺れ動かず落ち着きたい。神経の興奮を抑えるためには興奮していることを自覚する。 休憩しよう。

欲張りだから継続しない。

考えすぎてやることが広がって継続しない。欲張りだからだ。 興味がありそうだなあ、ふと思うと広がる。広がりすぎて疲れてしまう。 昔は頑張ろうと思ったこともあったけれども、いまはリストに思いついたことを追加して少し寝かせておく。 時間が経過すると…

やる気の増減と繰り返し。

何かをやろうとする。でも、昔から続かないことがわかっているから、様子見する。 英語。電車で暇だから聴いてみようと思う。一週間経過したとき面倒でやりたくなくなる。 資格。本を買って読んでみる。一週間経過したとき面倒でやりたくなくなる。 興味があ…

ストレス耐力を大きくするには。

体調を整えると精神が安定する。 カフェインをとらない。 たべすぎない。 睡眠時間を伸ばす。 これだけで精神が安定しストレスへの耐力が大きくなり楽になる。

もうこのブログは終わりにする。

ブログは簡単にお金もかけずに情報発信できる。だけど読みたいのはブログじゃない。対価を支払うまとまった文章の本なのだ。 ブログにもアフリエイトでお金を払っているともいえるが、やはり素人の文章はわかりにくいしモノマネに見える。 このブログもこれ…

批評家たち、何も変わらない。

ネットニュースをみたうえで批評する人。お前たちと世の中は違うんだぞっていう批評。 転職していった人。あーだから、こーだからダメだという批評。 批評しても何も変わらない。わざわざ他人に伝えなくてもいい。 批評するより自分がやろうと思っていること…

人間関係とSNS。

時間が経つにつれ接する人間はかわっていく。でもSNSのように固定したつながりをもっているとどうなるのだろう。 関係は時の経過で変わっていくのが自然だと思うし、つながりを固定化しないほうが気楽だと思う。 だからSNSはやらない。

まわりにあわせて見えないふりをする。

あまりにわかりすぎている、まわりがわからなさすぎているとき。意識せず期待をしてしまっていることがある。 期待をすると基準をあげてしまっているので怒りにつながりやすい。 どうすればよいか?ニーズをとらえればよい。つまりよく人の話をきいて質問に…

そうじ。

頭の中でぐるぐるまわって何もしない癖がある。 本ばかり読んでると考えているだけになる。こーゆうときはそうじに限る。 そうじするとストレスも発散されるのが不思議だな。

仕事では単にできることを提供しているだけ。

誰にも強制されずやっていることがあって土台がつくられ、やれることができる。 価値を提供し対価をもらうには、やれることに大きな味付けをしなければならない。 味付けの部分はやりたいことではない。さらにいえば、やれることもだ。 やれることは、単に自…

人とのコミュニケーション。

会社員として働くときには人とのコミュニケーションがどうしても必要になる。 人とのコミュニケーションを減らすような選択をしていたらストレスが減っている気がしている。 立ち入らず、でも丁寧にね。