読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

本屋をのぞく。

通勤の帰り、本屋をのぞく。ぶらぶら歩きながら本を手に取り読んで買ってみようかな。 でも、図書館から借りた本を読んでないなと思いとどまる。 この一年、本を買っていないのだけどなにも実害がない。 いまだに新しい本を買ってみようと思うのは、本を買う…

2番じゃだめなのか?

なぜ2番ではだめなのか?と、どこかできいたことあるな、ふと思い出した。 学校で先生からなぜあなたは、1番を目指さないのかという説教。なぜ1番を目指す必要があるのか、そもそも2番ならば風を受けないメリットもあると反論した昔。 先生はあきれて、もう…

なにが強みか。

ふりかえれば、がんばろうと思ってやってきたことではなく、しらないうちにはじめていたこと、継続していたことが強みだと気づく。 やってきたことがたまたま仕事にむすびついているかは偶然でしかない。 最近、また勉強してみようという意欲がわいてきた。…

尖るか丸くなるか

尖っている人。正しい論理。 はたして正しさだけでなにかが生まれているか。 評論。確かに言葉にするだけなら正しい。でも現実はどうか。 正しさとあきらめと共に冷徹に事実を捉え進む。尖るでもなく丸くなるでもなく。 評論だけではなにも変わらない。と思…

こだわってないとみられることに、こだわりがある人。

自分は、そんなことにこだわってないんだと怒る人がいる。 怒るということは、こだわってないとみられることに、こだわりがあるんじゃないかと思う。 こだわる人、次にこだわってないことにこだわる人、その次に無関心な人の順にこだわりがある。 自営の人と…

苦と楽。

人から見て苦しい、自分も苦しい。これは大変。 人から見て苦しい、自分は楽。これがよい。 他人からみて大変そうだ、難しそうだね、と言われるが、自分の中では楽にできることがきっとある。 でも見つかるかどうかは選択の運なのだと思う。

自由になりたい。

仕事に精神が束縛される。 仕事に時間が束縛される。 仕事に空間が束縛される。 休みでも仕事が気になる。定時までにコンクリートの箱に通勤しなければならない。 自由になりたいが現実はままならない。 選択できるときには、自由になる方へ少しずつずらして…

アナログをデジタルに。

白か黒か、ホワイトかブラックか。 あいまいな灰色、グレー。両端は明確。あいまいな部分をデジタルにする。 部分的なブラック。通勤は地獄だが、会社は天国。通勤は天国だが、会社は地獄。 詳細にして、自分がどう思うか。 あいまいな部分をピンポイントで…

選択とは捨てること。

選択を重ねて年をとる。選択すると他の選択肢は捨てることになる。 捨てるが人生。 寂しくもあるけどなんとなくいいなって思う。楽しさ、悲しさ、悔しさ入り混じる感情。

給料と時間を交換している。

やり方がだめだ、やり方がよい、無駄だ、もっとうまくできるなんてこと、よくある。 様々な考え方をした人が混在し、自分と違う考え方になったとする。でも、こだわらないし、気にしない。なぜなら時間を売ることで給料をもらってるからだ。 給料がもらえな…

家の自慢。

マンション、一戸建て。へー。 住宅ローンの話。 あ、このひとは住宅ローンのために働いてるのか!

コーヒーやめて一週間。

カフェイン断ちの頭痛、筋肉痛もなくなった。 寝つきはかなりよくなったけど、夜中に一度起きてしまう。それも少しずつなくなってきている。 よく寝て早く起きれるようになるといいなと思う。

おまけ

子供の頃、40までしか生きられないと思っていた。 40はとうに過ぎ去り、おまけで生きている。 おまけなのだから、気楽に生きようぞ。

肩入れをすることと距離を置くこと。

肩入れをする。 仲良くなる、でも面倒なことも増える。期待するからだ。 近づきすぎたらフェアに距離をとる。付かず離れずを目指し。 フェアに誠実に。さすれば自然に等距離となるんだ。

すこしだけかんばった。

すこしだけ仕事を頑張ってしまった。 なぜだろう。人のため?自分のため? 単に興味なんだろうな。でも振り返るとやりすぎないようにしたい。できてもできなくても突き詰めればどっちでもよいのだ。 冷静に感情をいれずに力を平準にして使いたい。

ストレスは人間から

ストレスは人間からくるのではないか。 人と最低限のやりとり、スーパー、コンビニ、チェーン店。無人化を志向しているのが人間に思える。 Facebookが流行るのは無人化を志向しながらも都合のよい褒められを得るためだろうなと思う。

人間の欲は、自分をみて!につきる。

有名になりたい、やってられない!、寂しさをネットに発信する、自分をみて欲があらゆるところに存在している。 どのような仕事、会社、コミニュティでも同じ。 自分をみて!を抑えて、話をきけるひと。それだけで価値なんだ。

最近の夢。

漫画を本屋で買って本棚いっぱいにすること。 レビューを見る、ブックオフで買う、漫画喫茶で読む、と次々に選択肢が浮かび、内容の精査とコスト比較してしまうのでなかなか買ってくる勇気がでない。 考えすぎるのはよくない。

コーヒー断ち

きのうに引き続き、コーヒーを飲まないようにしているカフェイン離脱中。 筋肉痛はかなりおさまり通常運転。でも帰りは疲れたせいか少し頭痛がする。 今日はよく眠れるかな。

コーヒーをやめたら筋肉痛に。

この数日間、体が痛い。 しかも夜中に起きてしまうほど体が痛い。少し前は頭痛もあった。風邪をひいたのだろうか。 朝起きても体が痛いままだ。ふと、この足が痛い状態は、たまにある気がするし頭痛は多少おさまっているが。頭痛は眼精疲労かな。はて? 思い…

本の整理で懐かしさ。

本を捨てようと思いまとめている。 あ、あのとき仕事でわからないことを学ぼうと買った本がでてきたり、昔、英語や資格とろうと思ったことがあったなと思い出したりする。 物悲しくもあり、懐かしさもあり、でもやっぱりなにもないなって思う。本当になにも…

本気の死を覚悟したとき。

本気で死を覚悟したことがある。 どうなったか。子供、家内。以上しか頭に浮かばない。 仕事、お金、一切不要。どーでもよくなった。仕事のしの字もなかった。 幸いまだ生きている。あのときの思いは、喉元すぎればなんだけど、根底には流れ、選択の時がくる…

どうでもよい。

通勤電車、途中で降りてもいい。誰にも強制されない。 仕事、途中で降りてもいい。誰にも強制されない。 どうでもよくなる。いい加減というわけではなく、誰にも強制されていないことを思う。 別に降りてもいいよな、て想像すると楽しくなる通勤電車の帰りだ…

ねつけない。

若い頃はよく寝ていた。土曜日に起きると日は上り午後となっていた。ほんとうにぐうたらでぐうたら。 ここ数年、歳をとり寝つきが悪く感じる。歳とると睡眠時間が減ってくるらしいとはきくけど。ネットで調べてみたらコーヒーで寝つきが悪くなる。 うーん、…

電車の中から外を見る。

電車の中からふと駅をみていた。 発車。あれ?駅が動いているのか、電車が動いているのか。たまに錯覚する。 同じだ。 自分が立ち止まっていてもまわりが動いて変わって行くのと。何もかわらないとおもっていても変わっていくのだよな。

マニュアル人間。

マニュアル。 標準手順であり、専門性がなくても対応できるように。融通がきかないニュアンスが入っている気がするマニュアル人間ということば。 マニュアルに従い作業が出来ても、どのマニュアルを使うかの見極めがとても難しいのではと思うのだ。 普段の生…

仕事で充実した瞬間。

送別会できいた。お偉い人が、あのときは、このときは、とか。 あぁーって思った。 人間なんてちっぽけなものなんだって。だれもがなにものでもないんだ。

不自由。

増えるほど自由がなくなる。 出世、お金、プライド。 おかしな話だな。

イマイチ環境かイケテル環境かの選択。

相対的にイマイチの人の中で暮らした方がよいか、イケテルの人の中で暮らした方がよいか。 イマイチの人達の中では、頼られることが多くなる。それほど頑張らなくてもすむかわりに人と対応するストレスが大きくなる。実は、とか、急な話が出てきやすい。隠し…

緊急でバタバタ。

色々なことが湧いてきて、バタバタ。 緊急だとか、それ急げとか。 冷静にみれば、たいした影響はないのだけど。サラリーマンは部分であり歯車なのだからね。 また演劇してしまった。

お金を使うのが怖い。

不安だからだろう。 使おうとすると、損しないようにしたい。クーポン、買い時、比較。結局買わないことも多い。 得するよりも、損する方が人間は痛みを感じる。大昔、食事をとられることは死につながった。取られることに痛みを感じるように進化した遺伝子。…

厳しい状況から身を守るには。

厳しい状況はやってくる。 歳をとって感じるが精神というのはとても大切だ。精神は目に見えないけど、いろいろな考え方や物の見方を身につけることで対処できる場面も多くなる。 厳しい状況におかれたとき、自分を客観視できるか。現代の日本では選択の自由…

認めてくれという人と対応。

会社という場、観察していると、認めて欲しい欲がとても強い人がいる。自分はもっとできる、あいつはできない。きいていると疲れるし、時間を消費。 思い返せばどこにでもいた。 認めて欲しい欲は、そとから操作しやすい。あるときはほめて、あるときは落と…

やりがいよりも、拘束されない仕事。

いまやっている仕事のストレスが低ければ、1日1日先へと先へと延命して伸ばしていく。 一方、プライベート時間は寿命から減算されていく。 この考え方に至っているのは、仕事は生活のためと思っているからだろうな。 一番よいのは、やりがいがある仕事ではな…

時間経過で増えていくもの。

引っ越しして、時間がたつと、荷物が増える。 働き出して、時間がたつと、演劇が増える。 異動して、時間がたつと、知り合いが増える。 時間がたつと増えていくもの。意識せねば削ぎ落とせない。 執着せず軽 くありたい。

出世して腐った会社をかえてやるという人たち。

若い頃、出世して腐った会社をかえてやる、自由にやりたい、という人たちをたくさんみてきた。 腐ったというのはなにを意味していたのだろう。出世すると、はたしてやりたいようにやれるのだろうか。 時が経過し。 なにも変わっていないんだ。 出世すると権…

やりたいことから、できることが仕事に。

やりたいことをやっていたら仕事になり、経験知識がついてくる。でも仕事にしてお金や時間を引き換えにすると本当にやりたいことなのかと疑問に思う。 いまではやりたかったことに近い仕事をしているはずだけど充実感みたいなものはない。そもそも、本当にや…

やりたいことがあるって幸せなんだ。

子供の頃、田舎でたまたま興味がある雑誌を見つけ読んでいた。学校では関係ない分野の勉強をしていたけど興味がもてず、子供の頃から興味があったことに近い会社に、本当にたまたま採用された。 会社にはいって数年後、異動した。これもたまたまだが色々な資…

諸行無常の人間関係。

くるひと、さるひと。 人間関係は時間がたつにつれ変化していく。 歳をとり自分が同じ場所でとまっているけども周りが変わるから変化しているように感じることが多くなった。 若い頃は人間関係を維持することにそれほど抵抗は感じていなかった。 歳をとって…

自分がやってきたことを過大評価する。

昔の経緯、やってきたこと、誇り。人の話をきくとよくわかる。なんてことはなく、だれでも変わることができる存在なんだって。 できるできないなんてたいした差ではなくって、時と運が大きく左右する。 たまたま、そこにいた。たまたま、問題があった。たま…

若者に話すということ。

若者と話をしているとアドバイスしたくなる。 はたして? 顧りみると、懐かしさ。若い頃の自分に話しかけている気がする。 説教臭くならないように、話をよくきき、ききたがっているようなら話を続けるようにしないとね。

飲み会にて。

はなしをきく。 前のめりにならず、人のはなしをきく。自分の話をなるべくせず、質問をする。 興味をもって質問することが大切だ。自分なんかすててしまえ。理解することと、同意は違うのだ。

やってみたい衝動。

ふとふらふら。 あ、これやってみよ。衝動。いつものパターン。 少しまってみる。とくにお金使う前にふみとどまってみる。本当にやりたいことか?お金使わなくても他の方法で体験できないか? やってみたい衝動はいきなりやってきて、やってみたら飽きてやら…

小説を最後まで読みきれない。

ロールプレイングゲームを最後までやりきれないし、小説も読みきれない。 小説を人からすすめられても読み終えたことがほぼない。でも歳をとるにつれ小説に興味がでている。とはいっても小説の内容ではなくて。 あれほど長い文章を書く人の頭の中はどうなっ…

未来予想する疲れる仕事。

未来予想図。ドリカムの曲。 未来予想的な仕事、企業では大切だ。未来予想する要素が大きい仕事をしたことがある。 未来予想をするためには、様々なことを知ること、推定すること。本やセミナー、人と話す。考えをまとめ、パターンにして、何が起こるかをそ…

仕事のために本を買っても読まないのだ。

ふらふらとたまに本屋へいくと、本をかって勉強しようと思う。 あ、この本、仕事に役立ちそうという欲。専門的な本や雑誌を買ってしまう。 でも読む必要があるのだろうか。とふと思う。 業界誌をすでに定期講読しており、仕事を最低限はこなすことはできるは…

悪口とダメ出し。

昔、森博嗣のエッセイを読んでいたら、なるほどということがかいてあったのを思い出した。 悪口をいう人間は、悪口を言われることを恐れていて、悪口をいわない人間は、悪口を言われても腹が立たない。悪口には自分が言われたら腹がたつ言葉を攻撃に使う。 …

カッコつけたい。

ブログ。 やっぱり、自分はカッコつけ。 ブログをかくのは、カッコつけしたいからだ。もうかなりのおっさんなのに。 たまに星をつけてくれるひとがいて、少しうれしくなってしまうんだ。ありがとう。 書いて文章にするとストレス発散になる。たぶん日記と同…

知らないことをどうやって知るかな。

知ってると心地よく過ごせることってある。 歯磨き。歯を磨く行為のこと。 ある時期まで歯医者へはいくことがなかった。たまたま歯が黒っぽいことに気づいて虫歯かなと思い歯医者へいった。 コーヒーやお茶によって黒くなるということだった。黒くなった部分…

考えすぎて行動できないのが嫌だ。

考えすぎないほうが幸せな気がしている。 いつも考えすぎて行動までに時間がかかってしまう。行動までいかないときも多い。どうでもよい色々な細かな可能性を考えすぎてしまうのだ。ほんと嫌だ。 推定ばかりするのではなく、行動を多くしたい。本を読んでば…