ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

保留すること。

 

自分がかわらなくてもまわりや環境が変化することがある。

 

保留するというのは意外につらい。それは前が見えず不安になるからだろうし良い方向への期待、欲をもつからだろう。

 

でも自分ではコントロールできないことも多く、むしろコントロールできないことのほうが多いのではないかって思うよ。

 

期待をもたずただ変化することを待つということが自然にできるようになると生きやすくなるだろうな。と感じる通勤の帰りだ。