ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

やりたいことがあるって幸せなんだ。

 

子供の頃、田舎でたまたま興味がある雑誌を見つけ読んでいた。学校では関係ない分野の勉強をしていたけど興味がもてず、子供の頃から興味があったことに近い会社に、本当にたまたま採用された。

 

会社にはいって数年後、異動した。これもたまたまだが色々な資料が閲覧できる部署になった。自分に関係ない仕事でも興味がある資料をこっそり読んでいた。

 

さらに知りたくなり、はじめて自分の意思で異動希望した。

 

そこから右葉曲折。なぜか、子供の頃から読んでいた雑誌に寄稿されていた人たちが働いている周辺で働くことができるようになった。

 

やりたいことがあるってとても幸せなことだったんだなといまならわかる。たまたまという偶然が大きいし無知は強かった。

 

知りすぎていたり、まわりが詳しかったりしたら自分にできるか考えてやってみようとおもわなかったし、まわりからやめておけっていわれたんだろうなって思う。

 

やりたいことがあるなら考える前にやってしまったほうが良いなって振り返れば思う。なにものこらなくたってよいんだ。思い返すだけで少し幸せな気分になれる。あぁなんかやってみてよかったなって。

 

いまはそんなにやりたいこともなく、平凡に暮らしている毎日なんだ。