読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

転職した人のうわさ。

 

サラリーマンも長くやっていると転職した人のその後もなんとなく風の噂できいたり、実際に会って話をすることもある。

 

うまくいったのかは、本人しかわからない。でもなんとなく感じるのは自分はできると思っていたことが、環境が変わると無力になることがかなりありうるということ。

 

例えば、たまたまそこにいて、たまたま予算があって、たまたま課題があり、たまたまプロジェクトを動かせた。それを自分の力だと勘違い。環境がかわるととても厳しい。

 

反対に人に丸投げせず実務がしっかりとできていた人はそれほど苦労していないようである。

 

置かれた環境を客観視するというのは大切だなって思う。いまうまくいっている、もしくは失敗しているのはたまたまなんじゃないかってね。