読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

もっともっともっとの罪悪感。

興味があることは、すでにだれにも強制されずやっていること。

 

年をとって感じる。

 

環境に無意識に沿ってしまっていたこと。もっと高度な難しいことをやらなければならない、もっと幅を広げなければならない、もっと、もっと、もっとの罪悪感。

 

でも残っていたのは自分が興味があったこと。役に立つ立たないは無関係に、興味があったこと、続けてきたことに時間をかけよう。

 

振り回されてきたなって思う。