ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

仕事では単にできることを提供しているだけ。

 

誰にも強制されずやっていることがあって土台がつくられ、やれることができる。

 

価値を提供し対価をもらうには、やれることに大きな味付けをしなければならない。

 

味付けの部分はやりたいことではない。さらにいえば、やれることもだ。

 

やれることは、単に自分にできることであって、対価がなければやらないであろう。