ぼんやり

通勤電車の中でかくブログ

最先端が見える場所までさがる。

最先端のことをやる。面白みはあるけど仕事の継続性からすると大変だ。

 

自分としてはどのあたりが好みかというと、最先端がいくつか見える位置まで下がった場所。

 

最先端は当たれば大きいが外れると残らない。

 

最先端の少し後ろをいつも意識している。