ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

貧乏というスキル。

首都圏の比較的豊かな人たちは、小さな頃から塾や私立の学校に行っていたようで貧乏を知らないようだ。知らないから恐れている。恐れているわりに周りと同じような巨額な住宅ローンを組み私立の学校とか教育費にお金をかけているのが観察される。自分は貧乏な家で育ったのでお金がなくなり貧乏になった生活も想像できる。わかっているだけに身の丈にあった生活を心がけて地味に暮らしている。