ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

競争したくない。

競争を避けるためには、競争する人数を減らすこと。まだ誰も知らない新しいことをやるか、人が見向きもしないこと、人気がないこと、古いことをやるかになる。相対的に競争にならない領域がないか常に周りを見ている。