ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

大きなことより小さなことを。

 台風により首都圏の交通が混乱。混雑する電車の中でぐるぐる思考。この状態やめたいのだけど苦痛から逃げたいのもあってぐるぐる頭が回る。本を読み頭の中で考えているだけの平凡な人間です。

 転職というのは人の会社にのっかっておこぼれをもらうことなので、それよりも事業を作っていくべき、でも事業をつくる、会社をつくるなんてことはだれにでもできるわけない。資格取得を頑張っている人がいる。でも役立たないとも言われる。資格に実務が伴わないし、レールの上を踏み外さず走れるかを試すものだから。しかし資格へ向けて勉強していること自体、やっていない人よりモノをよく知っているのではないだろうか。自分は誰かがレールをつくってくれた資格さえも、取れない。興味がないと継続できない。何かをやろうと決めても時間が経つにつれてやらない。事業を作って頑張れる気もしない。はたしてなにをしたらよいのだろう。これからの時代は、〜をすべきだとか、世の中が変わっていくから仕事がなくなる前に対応だ、とか、そんなことを気にしているより具体的な何かをやりながら過ごす必要があるのではないか。たまに図書館で借りて読むのは、抽象的なものばかりになっている時があってそれこそお経を唱えているだけ。

 そんなことを考えながら帰ってきて、やっぱり、どうでもよいなと思い、まずは運動して体力つけて、毎日小さなことで少しずつでも、できることをやろうと思い直す。大きなことを目指すより、簡単で実行できる小さなことを積み上げようと思う。