一日。

たまっていた録画していたコンテンツを大量にみたあと、もっと知りたいことを深めるための本を探し、関連する事項を調べ、記録した。次から次へと知りたいことができている。

午後からは頼んでいた本がやってきたので読み続けている。350ページ程ある。連休で読み終わるといいな。

連休で食べる量を減らしている。どうも食べているものの中にアレルギーがあるのではないかと疑っている。毎日のように食べていたものをやめてどうなるか観察している。

本屋へ。

本屋へ行った。暑いのでシェアサイクルを使って。着いたら暑さで疲れがひどかった。

買おうと思っていた本を探したけどなくて、漫画だけ買って帰ってきた。なかった本は図書館だと予約が入っておりまだまだ順番が回ってこなさそうだったので買いに行ったのだった。しかたないのでAmazonで頼んでしまった。

本屋へ行く価値はなんだろうか。

  • 似た分野の本をまとめて閲覧できる。
  • 中身を少しみてから買うことができる。
  • たまたまみた知らなかった本を買う気になる。
  • でかけることが気分転換になる。

今日は目的の本がなかったけど、気になった漫画を買ったのでよかったかな。

 

連休。

連休になった。うれしい。朝早起きだ。

最近仕事に引っ張られそうになる。仕事ではだれかが決めてくれたことに従いながらやりたい。なぜやるのかやることを考えるのは疲れる。仕事では楽ちんになりたい。世の中、仕事に対して美徳、期待が高すぎるのではないか。自己啓発という分野の本のタイトルをみて。仕事という絵空事に理想を集め続けている。

 

仕事はあたかも理由、意義があるようにみせかける。会社というフィクション、人間の集まり、集団が強力に思い込んで、一心不乱になる。ふと、何してるんだっけ?と周りが思わないのが不思議でならない。意義がある、自分のことを認められたい、認めさせたい、その思いに取り込まれている働く人々。けど、目が覚めたときに、いままで何していたのかと気づいてしまうのではないか。思い入れを持たず働きたい。

制約を好む。

暑すぎるので朝の散歩は中止。ダンベルとfitboxingだけやった。ようやく今日働けば明日から連休。この繰り返しで時間が過ぎていく。

コンテンツの放題が最初から存在しているとどうなっていくのだろうか。浅くなるのか好みが偏っていくのか。自分は本が好きなので本について考える。

今はネット検索すれば本に関する情報が表示され何があるのか概要まで知ることができる。必要なら購入もできる、電子書籍もある。でも、選ぶ時に片寄りが生じる。おすすめで関連した本ばかりが表示されるからだ。探すということは、ストレスがかかる。だからおすすめを選んでしまうのではないか。

自由すぎると不安になる。制約がある程度あることで安定し進むことができる。その制約はネットのおすすめを選択しない。

例えば、作者を制約にする、出版社を制約にする、図書館の棚を制約にする。分野や自分の嗜好を基準にしないという点からは図書館の棚にあるものを順番に読んでいくのがよさそうである。

散歩せず。

朝から暑いので散歩中止、もっと早起きに変えていきたい。

難解で厚い本を読むには時間がかかる。深夜、土日も働いていると読むことはとてもできない。だから給料はほどほどにして本を読む。本を読んで知らないことを知っていく。何か一つのことを突き詰めていくわけでもない、創り出したいわけでもない。過去からの哲学、思想、科学、歴史を知りたい。天から与えられた才能を持つ人が書いた本を読んで味わっていく。思いつくことはできないけど、過程を追って理解していくことはできる。

 

 

読む本。

夜散歩してきた。昼間は暑すぎて無理だ。

読む本をまた探している。探すと発散してくる。広がっていってしまう。読みたい本は三千円から五千円するものだ。でも新しいものでなければ図書館にある。読んでみたいと思って図書館で探してもないことも多いけど。その場合はあきらめる。何を読んでもいいと思うからだ。

やや難解な本を読むと、とても頭がよい人が書いていることが分かり、考えや知識が流れ込む。作者を追跡して追体験している。頭がよいといわれる人の本を読むのが好きなようだ。だから分野にはこだわりがないのだろう。特定の出版社からでている本をしばらく読み続けようと考えている。

シャワーの時間。

朝起きて散歩。4000歩。暑くて汗だくになりシャワーを浴びていたら、始業ギリギリになってしまった。シャワーを浴びる時間を考えていなかったので、もう少し早く起きて散歩にいくことにする。クーラーの中にずっといるので体が冷えている。お昼休みに外へ出て散歩した方がよさそう。外はものすごく暑いみたいなんだけど。今日もまた会議ばかりの一日になりそうだ。

読了。

暑くなってからクーラーをずっとつけている。体調がついていかない。だるさがあるし睡眠が長いような深く眠れていないような気がする。

 

今日は先週から読んでいた本を読了した。500ページあったのと内容が難解だったのでなかなか進まなかった。最後の100ページあたりからくどい感じになっており読んでも理解するのに時間がかかった。結局、最後の方は流し読みに。

次に読むのは図書館で借りてきている本で、容易に読み進められるものばかりだから、つまみ食いしながら読んでいこうと思う。

今日図書館に予約をいれたものは難解なもの。これらは来週から読むことになりそうだ。

後世に残るもの。

お金を増やして豪華な家、豪華な食事を目指すのではなく、今あるものを使ってどう過ごしていくか。例えば、片付けたり、料理をできるようにしたりする方がよい。という事が本に書いてあった。

で、たしかにそうかもしれないとは思うものの、これはお金がない人の言い分で、お金をたくさん持っている人はこんなこと考えもしてないのかが分からない。過去の古典や名著は、執着するな、質素に、手放せ、そんなことをいっている。ブッダは生活に困らない金持ちだったという。でも苦が執着からきていることに気付いた。一体、何がどうなっているのか。

考えることが好きな人が考えを巡らせることで思想、本が残る。そして読んでいるのは興味がある人だから似たようなことが後世に残っていくのか。

 

 

寝過ぎ。

昨日は起きたのもかなり遅いし午後からもお昼寝してる。明らかに寝過ぎで体が固くて痛い。今日はもう起きて昼寝もしないようにしたい。

外は暑そうで、午前のできるだけ涼しいうちに図書館へ行って夜に散歩するようにしよう。