ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

飲みにいきたくない。

知り合いから、そのまた知り合いたちと飲みに行かないかと誘われた。飲みにいって話をするのが好きな人というのは、みんな喜んでくれると思って誘ってくれている。誘ってくれたこと自体にはお礼を言いつつお断りした。飲み会や懇親会は会社のイベントでどうしてもでなければならないこともある。それ以外にプライベートな時間では飲みにはいかないと決めている。会社をやめたら飲みにいくことはかなり減るだろう。人とは等距離に付かず離れず、それが理想だ。