ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

終身雇用の話。

 終身雇用がうんたらというニュース。終身雇用はすでに崩壊してる部分もあるし、していない部分もある。環境の変化についていけず利益がなくなりリストラする企業もでてきているのは当たり前で全部はうまくいかないのが商売だから。

 いまいる会社のある人は方針が間違っているからダメになるとよくいっていてこんな旧型の会社からは転職するべきだというし、ある人はつぶれるわけがないから徹底的にぶら下がっておけばよいという意見がきこえる。

 自分の考え方はおそらく両方の意見とは異なっており、会社では面倒なことになるからいわないけども、会社から仕事を請け負っている個人の自営業者だと常に考えている。そのため会社の経営の方向が自分の考え方と異なっていようが、求められているアウトプットに対しては委託契約を結んでいるかのように対応している。そもそも利益が出るようなはっきりとした経営の方向なんて経営者も含めて誰も分かりはしないのだ。こんな話は投資をかじっていれば分かる話であって、どの方向に向かえば確実に利益が出るのか分かるのであれば企業が株式投資をやればいいのだ。

 ぶら下がるとか転職とかいう考え方は、他人に依存しようという根本の考え方がベースにある。依存するという考え方は変えないとまずいのでは?と内心思いながら、いっても仕方ないよなあとやり過ごす毎日だ。