ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

なぜ勉強するの。

 自分はなぜ勉強するのだろう。学生の時はテストの前だけ勉強をしていただけで勉強は嫌いだった。社会人になってからは、英語の勉強をするようにいわれて英語の勉強をしたのだけどモノにならなかった。仕事が忙しすぎて余裕がなかった。

 会社を変わってからだと思う。朝か帰りに少しだけ勉強するようになっていたのは。会社の近くのカフェに寄ってコーヒーと興味があった専門の雑誌か本を少しだけ読む。帰りも時間がある時はカフェに寄って雑誌か本を読む。目的は今思えば何もない。単に興味があったからだった。この時にやっていたことがいまやっている仕事につながっているので不思議だ。

 会社、家以外の空間で一人何かをやってみる。なにかに生かす目的ではなく自分の興味があることを。カフェで知らない人たちがいる、たまたま居合わせた、そんな環境の中で、雑誌や本を読んでみる。季節が変わって服装も変わって人も増えたり減ったり時間が流れ、そして仕事も変わって、ふと振り返る、あの頃、雑誌を読んで帰っていたな、暑い日も寒い日にもきていたな、そんな思い出が幸せな気がする。