ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

自由だった?

会社で1年以上、管理されない状態だったことがある。毎日やることを自分で決めないといけない。報告はほんとうにたまにしか求められない。これは自由だったのだろうか。

 毎日何をしていたかというと、カフェにいって本を読んでいることが多かった。午前にカフェにいって午後も別のカフェにいく。最初の頃はまじめに何か事業を考えないとと思っていたけど、途中からまあどうでもいいやと思い始めた。世間では追い出し部屋というものがあるらしいけど、気持ちが多少わかる。

平日昼間のカフェは意外に混んでいて、自営ぽい人達、営業ぽい人達、色々話をしている。自分は孤独だった。ただ毎日本を読んで、それっぽい資料をかいて、大きな事業にはならないけど、多少貢献したところで別の仕事をすることになった。あの頃を思い出すと、レールがあるのは楽なのだといえる。レールから外れて歩くのは大変です。