ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

働き続ける必要があるか。

 買い物に行ってからお昼寝。ようやく起きた。休みのお昼寝は必ずしている。寝ないと回復しない。

 少しずつ分かってきているけど、大きな金額の車や家を身の丈に合わないものを買うと後々大変だということ。

 いまいる会社で話が漏れきこえるかなりの金額の住宅を買っている人々。高級車そして住宅。一度住宅ローンを組んで買ってしまうと取り返しがつかない。退職金で返すつもりなのだろうか、共働きでかなりの収入なのだろうか、もともとお金持ちなのだろうか。

 都会だと家に維持費もかかるだろうから住宅ローンを返しても小さな賃貸に近い金額が老後でも必要になるように思えるのだけどという疑問。人にはきけないけど。

 住宅ローンを組むのが社会常識と思ってしまうと自分も買ってしまいそうなんだけど幸い会社には転職して入りそんな常識は持ち合わせていなかった。

 ネットで個人のブログをみている。個人のブログはアフリエイト目的でなければ個人的事情を知ることができる。ネットニュースのような広告主が裏にいる情報は、広告主が儲かるような恣意的なものになる。家を買おう、住宅ローンを組もう、車を持とう、投資しよう、老後資金足りない、次から次へと物を買ってもらえるような雰囲気をだすニュースたち。そして不安を煽る。はたして必要?

 地味に暮らすことが自分らしいと思えるのであれば、実はそれほどお金を稼ぐ必要はないのではないか。というのが、最近の大きな疑問。周りの人たちは当たり前のように長く長く働くことを前提としているみたいに生活している。

 セミリタイアしている人のブログや早期退職した人のブログは未来の自分ではないか。と思って興味深く、とても参考になる。周りにはいないようだし、きけないから。ネットの醍醐味ですね。