ぼんやり

通勤電車の中でかくブログだった。

本を探して借りること。

 意外な本を見つけるには、Amazonが関連としてすすめてくる本ではなくて、hontoで検索するといい。

 手強い本を読もうと図書館で借りているけど、嫌になってきたので読まずに返した。読み出せば読み終えることも多いけど、読み出すまでの勢いが必要。がんばる必要はないので読まなかった。

 新書は気合を入れずに読めるのでいいなと思う。一年前のものであれば図書館で、すぐに借りられることが多い。探すには各出版社の新書一覧がよい。Amazonやhontoで、時期を区切って本を検索できればいいのに。

 ネットで検索したり、ブログの書評を読んだり、本を見つけて図書館に予約を入れる。本を買うより借りるのが当たり前になってしまった。ブックオフで買っていた時期もあったけど借りる方がたまった本を片付けなくていいし、お金もリーズナブルなんだけど、税金で、運用されている図書館の役割とは何だろう。

 ネットから知識を得て図書館から知識を得る。新しい本は図書館では借りる人が多くて読むまでにかなりの時間がかかる。だから買うことになるんだけど、そこまでして買わなくていいやと思う人もたくさんいる気がする。

 ネットがない時代には本を買うことはもっと、当たり前だったと思う。今の時代、図書館も、ネットで予約できる。便利だけど本を買わなくなる理由になっている。Amazonという素晴らしいデータベースを利用して本を探し当て図書館で借りる。便利だけど長い目で見たときに大丈夫なのかなと思う。